3Dプリンターが新たな在宅仕事を生み出すかもしれない

3Dプリンターが新たな在宅仕事を生み出すかもしれない

0-54.jpg知っていますか、家庭用の3Dプリンターが売り出されたこと。

もう、5万円未満のとてもリーズナブルなものまで出ていて、売り切れていて買えないとか・・・

意外と、理解されていませんが、この3Dプリンターは、産業革命を起こす存在だと言われています。

なぜかと言うと、設計データがあれば、誰でも自宅で3Dプリンターでものが創れてしまうという事です。

すでに、3Dプリンターを活用している人は、修理に必要な部品など自分で作って修理してしまうなどしているそうです。
いずれ、商品は工場で作って届けるものではなく、

設計データを購入して、家庭でそのものを作ってしまうとかになると思います。

もちろん、全てがそうできるわけではありませんし、

勝手に量産できるのも問題ありですから、

内部の機械部分は取よそて外観の部分は自分の好みに合わせて作る事ができるなてんいうものになると思います。

そしてここでおおかな可能性が見えてくるのは、在宅の仕事です、

今でもオリジナルの商品を作り、オークションなどで販売して稼いでいたりする人がいるわけですが・・・

3Dプリンターで、デザイン力やアイディアがあれば、いろいろなものをつくって販売することができるのです。

また、在宅でデータを作るような、外注作業も出てくると思います。

3Dプリンターのデータを作るスキルを学んでおいたら、結構いい在宅仕事になるのではないかと、
これからの近未来を予測します。

2013年8月15日|

カテゴリー:経済雇用ニュース