経済雇用ニュース

3Dプリンターが新たな在宅仕事を生み出すかもしれない

0-54.jpg知っていますか、家庭用の3Dプリンターが売り出されたこと。

もう、5万円未満のとてもリーズナブルなものまで出ていて、売り切れていて買えないとか・・・

意外と、理解されていませんが、この3Dプリンターは、産業革命を起こす存在だと言われています。

なぜかと言うと、設計データがあれば、誰でも自宅で3Dプリンターでものが創れてしまうという事です。

すでに、3Dプリンターを活用している人は、修理に必要な部品など自分で作って修理してしまうなどしているそうです。

2013年8月15日|

カテゴリー:経済雇用ニュース

内職斡旋詐欺、高額教材販売で逮捕

未だに後を絶たない、内職商法。

今、在宅の仕事を求めている人が特に多くなっているので、余計詐欺も増えているのでしょうね。

内職を斡旋するということを餌に、スキルアップや資格取得のためとしょぅして高額な教材や講座を売りつける悪徳業者にはちゅぅいして欲しいと思います。

教材販売会社「ライセンスアカデミー」と関連会社「ガイダンス」の元社長らを詐欺容疑で逮捕したとの報道が流れました。

なんと2006年から09年6月ごろにかけて、「作業キット」と称する教材を34万8000円で、全国で1742人に販売して、約5億2000万円も売り上げたとみられているそうです。

タグ

2010年3月 8日|

カテゴリー:在宅仕事基礎知識, 経済雇用ニュース

民主党政権で雇用情勢がよくなるのでしょうか?

労働者組合を主体とした政党が日本で政権をとるというのは、歴史上なかったとおもわれるのですがどうでしょう?

日本人の意識として、民主政府が誕生したからも、お上という意識が強く、庶民とは別の人たちが国を動かしているという感じがありました。

期待はしていますが、多くの不安を持っている人もおおいと思います。

前回のニュースでは、失業率が5.7%と非常に高い数字がでましたが、欧米と比べると、それでも見かけはずっと少なく見えます。

タグ

2009年9月22日|

カテゴリー:経済雇用ニュース

定額給付金の使い勝手は?

景気対策の一環で、国民に配布することになった定額給付金なのですが、確かにばらまきとか批判はありますが、国民にとっては、当初より思った以上にかなり好印象ではないでしょうか。


まずは、なんと言っても、何かを購入することに定額給付金を使うことに意義があり、そんな大きな買い物は必要ないのですが、何かものを購入する行動の一つ一つの積み重ねこそ、大きく景気がよくなっていくと個人的には思います。


在宅の仕事の効率を上げるためのツールやソフトなどにしょぅひするもよし、スキルアップのために使うのもいいと思います。


この金額ですから、直接生活に消費するよりも在宅ワーカーとすれば、より在宅仕事の収入を増やすために使いたいところです。

2009年5月12日|

カテゴリー:経済雇用ニュース