スキルUPのために速読をやってみてはどうでしょうか?

スキルUPのために速読をやってみてはどうでしょうか?

速読がTVで取り上げられてから、ちょっとしたブーム?になっているようです。

以前から、速読はよく知られていますので、今更と思うかもしれませんが・・・

在宅の仕事にも役立つのではないかと思います。

速読が身に付けば、沢山の情報を入れる事ができますから、新たなスキルを修得するのに時間を節約できると思います。

また、資格取得で、よりよい在宅の仕事を見つけるのに役立つと思います。
速読を教える講座やスクールなどありますが・・・

費用や、通学の時間がとれないなどで、やってみようという気になれなかった人もいると思いますので、在宅で自分でトレーニングする方法について考えてみました。

速読は、繰り返しのトレーニングが何より重要だと思います。

ピアノを毎日弾くがごとく、指が記憶するかのように動くようになるような感覚ですが・・・

繰り返し、脳と神経回路を使うことで、その能力が身に付きます。

トラックドライバーの多くが、優れた動体視力をもっているように、その速度に脳がなれることが、重要です。

左脳で処理してからという方法では、速読は身に付きませんので、最初は読めない速度で、目で追うという作業を繰り返すことで、右脳が直接イメージとして記憶し、そのあとで、左脳で理解するという回路を作りあげる事ができます。

簡単なトレーニングは、よく見かけたことがあると思いますが、本を早く速度でぱらぱらとめくることで、そのトレーニングができます。

ただこれだと、かなりあきてしまうので、相当強い意志がないと続かないと思いますので、もうすこし、能動的に速読のトレーニングをする方がいいでしょう。

そのためにはやはりPCソフトが楽だと思います。

DS等でもでていますが、目のトレーニングなども考えると、DSの画面では範囲が狭すぎて、支店移動の距離が短いという難点がありますし・・・

当然文字も小さいので、目が疲れて継続するのが結構大変だと思います。

通勤途中などにもできて便利・・・と考えがちですが、たぶん、揺れる車内などでは無理があると思います。

また一番評価の高いDSの速読は七田式のソフトですが、人気で売れ切れていて、あっても1万円以上になっていたりするので、お勧めできません。

ですから、なるべく大きい画面で、集中してできるPCソフトがいいと思います。

ただ、色々速読のソフトがでていますので、選択が難しいかもしれません。

2千円前後でも、2万円ぐらいしても、そんなに代わらなかったり、同じ速読の訓練でも、方法が全く違ったりして、評価の高いソフトはそんなにありません、

個人的にお勧めなのは、4千円前後で販売されている、評価の高いソフトがあります。

但し、2000文字程度までの速読なので、これから始めるという人向けで、最初の一歩としてのご利用がお勧めです。


★ この手のソフトは2千円前後から2万円程度まであるが、高いからと行って良いわけではありません。手頃な値段で3000文字程度までの速読でしたら、この ソフトで十分だと思います。特に速読初心者のとっかかりとしては、十分訓練になると思います。これでもって速読を極めたいと思うならば、別のソフトを買え ばいいので、まずはここからです。★

これで実力がついて、さらに本格的に能力を高めたいと思う場合は、このソフトがベストではないかと思います。


★ 速読初心者はいきなりこれを買うのは、宝の持ち腐れになるかもしれませんので、出来れば、まず上のソフトで能力をたかめ、続けて行けそうだったら、これを 購入するといいと思います。いくらシステムが優れていても、継続出来ないのに高い物を買っても仕方がないですからね。学習塾などでも最近はこのようなソフ トで成績UPを計っています。確実に情報収集能力が上がりますので、やってそんはありません。★

タグ

2010年6月10日|

カテゴリー:在宅仕事基礎知識