在宅仕事とライフスタイルのバランス

在宅仕事とライフスタイルのバランス

在宅仕事は、会社勤務などと違って、時間的にも空間的にも、制約が全くありません。
一日の時間の配分はすべて自分の裁量で決めることが出来ます。

これが、会社勤務となると、通勤時間のロスやストレスは避けられませんし、丸一日会社に拘束されることになります。


就業時間もすべて会社規定に従わなければなりません。


そういったことすべてから開放されているという点では、気持ちの上での気楽さはありますが、その分、自己管理はすべて自分の責任でしなければなりません。


納期を守るためには、時には徹夜も余儀なくされます。


ですから、きちんと一日のスケジュールを自分でたてて、規則正しい生活を心がける必要があります。


ただ、だらだらやったからといって、在宅仕事の効率が上がるという物ではないのです。


そういった意味では、会社勤務よりもむしろ厳しい面は否めません。


しかも、報酬は決して高くはないし、次の仕事がいつ来るか全く当てにならない不安定さもあります。


ですから、在宅仕事は何のためにするのかという、目標意識を常に持ちつづけることが必要になってきます。


なにはともあれ、適度に息抜きを入れながら、楽しんで在宅仕事ができることが、長く続けていくためには、何よりも大切です。

2008年12月20日|

カテゴリー:在宅仕事基礎知識